豊橋市で美文字になれる楽しい書道教室は「恋する美文字へ」。書家の西尾達徳が教えます。

毛筆文字で看板をデザイン!ご依頼は手書きでデザインする「草のゆかり~恋する美文字~」へ 書風によって異なる表札

個人情報の取り扱いが今ほど意識されていなかった頃は、どの家にも表札があり誰が住んでいるかがわかるようになっていました。また、苗字だけでなく名前まで記載があることも多く、何人家族で住んでいるかといった家族構成も表札で判断できました。

しかし、近年は表札がある家もあればない家もあります。また、表札があっても名字だけの家が圧倒的に多く感じます。こちらの記事では、表札を出す家・出さない家の割合と理由、書風によってイメージが変わる表札の特徴を看板の毛筆デザインを手掛ける「草のゆかり~恋する美文字~」がご紹介いたします。

表札は出していますか?

壁と表札の入る部分

表札には、誰が住んでいるかを周囲に知ってもらう・郵便や宅配便のご配送を防ぐなどの役割があります。機能面以外には、表札があることで家の外観デザインが引き締まるというメリットがあります。

それでは、実際にどのくらいの方が表札を出しているかを見ていきましょう。

表札を出しているのは5割

自宅の表札を出している方は、おおよそ5割です。実は半数近くの方が表札を出していません。意外と表札を出していない方は多いのです。また表札を出している方のほとんどが、苗字のみの表札です。

やはり「個人情報になるから」「誰が住んでいるかわかってしまうから」という理由で出していない方が多いようです。

持ち家の場合は表札を出すのは8割

さらに、表札を出すか出さないかは「持ち家か賃貸か」で大きく変わります。持ち家の場合は8割近い方が表札を出していたのに対し、賃貸の場合は8割近くの方が表札を出していません。

持ち家になると長く住むことが前提になるため、ご近所づきあいも自然と発生します。表札を設置することがあいさつ代わりとなるでしょう。一方で賃貸の場合は、いつ引っ越すかわからないからという理由で出していない方が多いです。

「草のゆかり~恋する美文字~」では、看板の毛筆デザインの制作を行っております。表札も手掛けており、ご依頼いただいた都度手書きでデザインさせていただきます。

看板制作においては、漢字・ひらがな・ロゴなどにも対応しております。フォントのご希望やイメージがございましたら、お伝えいただければできるかぎり理想の仕上がりになるように制作いたします。

看板の毛筆デザインのご依頼は、ぜひ「草のゆかり~恋する美文字~」へ。

書風によって違う表札

ペンを持つ手

手書きの毛筆デザインでも、書風によって与える印象は大きく変わります。書風と書体とは似た言葉ですが、異なります。

書体はいわゆるフォントのことです。

書風とは、文字の書きぶり・趣のことを指します。書き手の筆圧やクセ、用いる道具などによって書風は変化します。書き手の個性が大きく反映されるのです。

毛筆デザインによる表札は、ちょっとした違いで大きく表情を変えます。「力強さを主張したい」「のびやかな雰囲気がよい」など、希望に合わせたイメージを伝えることで、書道家もデザインしやすく理想に合った表札が完成します。

「草のゆかり~恋する美文字~」では、看板の毛筆デザインを手掛けております。1つ1つオーダーメイドで、この世に1つだけしかない手書きの看板・表札をお作りいたします。書風も含め、まずは作品をご覧いただければ幸いです。毛筆デザインの看板・表札の制作依頼は、ぜひ「草のゆかり~恋する美文字~」へ。

手書き(毛筆)で看板をデザイン!ご依頼は「草のゆかり~恋する美文字~」へ

毛筆デザインの表札は、手書きの美しさが感じられる躍動感が魅力です。量産された定番のデザインではなく、毛筆だからこその温かみと美しさをぜひ感じてください。

「草のゆかり~恋する美文字~」では、看板・表札の毛筆デザイン(手書き)を行っております。書風の活きた毛筆デザインをお探しでしたら、ぜひ「草のゆかり~恋する美文字~」にご依頼ください。

「草のゆかり~恋する美文字~」のご紹介はこちら

毛筆のデザイン看板なら草のゆかり~恋する美文字~にお任せください

書道教室 徳心流書院
サイト名 草のゆかり~恋する美文字~
主宰 書家 西尾達徳
住所 〒440-0016 愛知県豊橋市牛川町西側47
TEL 090-7434-1021
MAIL info@koisuru-bimoji.com
URL https://koisuru-bimoji.com/