豊橋市で美文字になれる楽しい書道教室は「恋する美文字へ」。書家の西尾達徳が教えます。

赤ちゃんの命名書を依頼するなら「草のゆかり~恋する美文字~」の通販へ!お七夜と命名書の関係とは?

「お七夜」は赤ちゃんが誕生してから7日目の日に行うお祝いのことをいいます。赤ちゃんの健やかな成長を願うお祝い行事のひとつとして、古くから親しまれています。

こちらの記事では、お七夜と命名書の関係について解説していきます。また、命名書に関する疑問についても解説していますので、ぜひご覧ください。「草のゆかり~恋する美文字~」では、命名書の作成依頼を受け付けております。心を込めてお書きいたしますので、ぜひご依頼ください。

お七夜と命名書の関係について

赤ちゃんを抱っこする母親

生まれて初めてのプレゼントである「名前」。出産準備のひとつとして、記念に残しておくための命名書の作成を考えてみませんか?こちらでは、お七夜と命名書がそれぞれどのようなものなのかについてお伝えいたします。

お七夜とは子供の誕生と健やかな成長をお祝いする行事

お七夜とは子供が生まれてから7日目の日に、赤ちゃんの誕生と健やかな成長をお祝いするための行事です。これは平安時代に生まれた行事であり、形を変えつつも現代に受け継がれています。

命名書は社会の一員として認められるための儀式

命名書はお七夜で命名することで、子供を社会の一員として認めるために必要なものです。今では子供が生まれると、役所に命名の申請を行います。しかし、昔はそのような手続きは必要ありませんでした。

そこで、命名式の際に子供に命名することで、赤ちゃんがずっと健やかに過ごせるように願ったのです。これがお七夜と命名書の関係です。お七夜を滞りなく行うためには、命名書が必要になることを覚えておきましょう。

「草のゆかり~恋する美文字~」では、命名書の作成依頼を受け付けております。命名書をどのように作ればいいのかわからない方も多いでしょう。書道家が丁寧に名前を命名書にお書きいたします。その他にも「草のゆかり~恋する美文字~」の通販サイトでは書の作品などを掲載しておりますので、ぜひご確認ください。

命名書に関する3つの疑問

命名書を書く男性

命名書に関してわからないことは多いでしょう。こちらでは、命名書に関する疑問を3つご紹介いたします。

命名書の代筆は可能

まず命名書に関して代筆が可能かという点です。結論からいいますと可能です。子供を出産したばかりのお母さんは忙しいことが多いです。

また、命名書の作成を任せられる人がいないかもしれません。そのようなときは、プロの命名書作成業者にご依頼ください。

プロに依頼していただければ料金は発生しますが、とても綺麗に仕上がります。自分で命名書を作ることにこだわりがないのであれば、プロに任せることをおすすめします。

双子の場合は1枚にまとめず1人ずつ

双子の場合の命名書は、1枚にまとめるのではなく双子それぞれに必要です。

命名書は命名のために書くものですので、双子だからといって一緒にする必要はありません。1人ずつ命名書を作るようにしましょう。

命名書は生後14日まで飾る

命名書は三方にのせ、生後14日まで飾るのが一般的です。飾り終わったあとは、へその緒と一緒に箱などに入れて水引にかけて保存しましょう。

「草のゆかり~恋する美文字~」では、命名書の作成依頼を受け付けております。赤ちゃんの健康を願うために、命名書を作成してお七夜を祝いましょう。通販サイトでは作品を掲載しておりますので、ぜひ参考にしてください。大切なお子さんの命名書の作成依頼は、「草のゆかり~恋する美文字~」へ。

赤ちゃんの命名書を依頼するなら「草のゆかり~恋する美文字~」の通販へ!

名前というのは赤ちゃんにとって、親からもらう最初の贈り物です。

もちろんお七夜や命名書を利用しなくても、赤ちゃんに名前をつけることはできます。しかし、昔からの慣習に従うのも悪いことではありません。赤ちゃんの健康を願い、命名書を作成しませんか?

「草のゆかり~恋する美文字~」では、命名書の作成依頼を受け付けております。心を込めてお書きいたしますので、ぜひ「草のゆかり~恋する美文字~」にご依頼ください。通販サイトでは他にも現代アート作品を掲載しております。ぜひご覧ください。

「草のゆかり~恋する美文字~」のご紹介はこちら

命名書の依頼をお考えなら草のゆかり~恋する美文字~まで

書道教室 徳心流書院
サイト名 草のゆかり~恋する美文字~
主宰 書家 西尾達徳
住所 〒440-0016 愛知県豊橋市牛川町西側47
TEL 090-7434-1021
MAIL info@koisuru-bimoji.com
URL https://koisuru-bimoji.com/